保険会社から治療費について健保の適用を打診された場合

保険会社から、「健康保険の適用をお願いできませんでしょうか?」と打診される場合があります。

原則的には、断るべきではありません。快く応じましょう。
なぜ被害者なのに自分の保険で治療しなければならないのか・・・とお思いになるかもしれません。
しかしながら、こちらの過失が高ければ高いほど、健保適用には応じるべきなのです。過失がゼロであっても、治療費が高額になることが予想されるようなケースでは、基本的には健保適用の打診には応じるべきです。

治療費が合理的に節約できることは事実ですし、また過失割合についても事故当初から保険会社ともめるべきではありません。
過失割合についてはゆっくり協議を重ね、最終的には弁護士に委ねればよいのです。

最もやってはいけないことは、相手保険会社と対立し関係を決定的に悪くしてしまうことです。
これは、最終的に被害者側に不利となってはね返ってきます。いずれかの時期で、弁護士対応とされてしまう可能性もありますし、治療の打ち切りも早まる可能性がありません。デメリットだらけです。

保険会社に対しては、クールに、紳士的に接しましょう。そのうえで、わからないことや不満に感じることがございましたら、全国各地で開催しております無料相談会に積極的に参加していただき、質問をしに来てください。無料でご質問にお答えいたします。
繰り返しますが、やってはいけないことは、保険会社と喧嘩をすることです。

無料相談からはじめる交通事故解決

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。