保存的治療とは

診断書や医師の説明などで、「保存的治療」という言葉をよく目にしたり耳にしたりすると思います。保存的治療について、少しまとめてみたいと思います。一般的に整形外科の治療法は、手術か保存的治療かの二つの選択となりますが、開業医の場合は多くは保存的治療を選択する傾向にあります。保存的治療には6つあり、以下で説明します。

保存的治療

①装具療法・・・手足や体幹の機能障害の維持と補助を装具によって行います。

②固定法・・・包帯やギプスなどを用い、患部の安静、保持、変形や圧迫の予防、矯正を行います。

③牽引療法・・・脊柱や四肢に持続的に牽引力を働かせて、整復や固定、安静を図ります。

④理学療法・・・運動療法と温熱療法があり、運動療法では身体を動かすことで筋力や関節機能の回復、体力の向上を図ります。温熱療法では痛みを緩和し、精神的な安定の効果を促します。

⑤作業療法・・・日常的な動作や作業を行いながら、諸々の動作能力を再び獲得し、自立して生活活動が行えるように指導、訓練を行います。

⑥薬物療法・・・鎮痛消炎剤や抗生物質を利用し、治療を行います。

手術を行うかどうかは、保存療法では改善が得られない場合や、日常生活において大きな支障が出ている場合、緊急性の高い場合など様々な要素を検討しながら、医師と患者の決断により決定されます。手術となれば、基本的には「患部を切開して行う手術」あるいは「内視鏡下で行う手術」のいずれかとなります。
いずれにしても、できるだけ早期に専門医を受診し、正しい診断を仰ぐことが重要です。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。