人身傷害補償保険の魅力③

危険担保の拡張・・・もう一つの人身傷害補償保険の魅力は、担保する危険の拡張です。

人身傷害補償保険では以下の諸危険が新たにカバーされることになりました。

①無責3条件の立証・・・加害者が無責3条件を立証した場合、加害者は賠償責任を免れますが、人身傷害補償保険はこのように法律上は加害者が無責な場合にも保険金が支払われます。

②被害者に他人性が認められない場合・・・被害者が自賠法でいう「他人」認められない場合。たとえば共同運行供用者であった場合などは、賠償責任保険の救済対象である「他人性」を全部または一部を否定され、そのぶんの責任保険の恩恵を受けられないことがありますが、人身傷害補償保険ではこの場合にも減額なしに保険金が支払われます。

③混同・・・親族間事故で被害者が死亡した場合、損害賠償債権と債務が同一人に帰属する場合があります。このような場合には混同により、債券債務が消滅し、消滅した債権部分については保険による救済もなされないことになりますが、人身傷害補償保険はこの場合にも保険加入者に生じた損害を補償します。

④加害者不明と加害者無保険・・・これらの場合でも同様です。政府の保障事業から保障金が支払われますが、自賠責保険と同様な限度額があるため十分な補償が得られなく、また給付が迅速さを欠くので、人身傷害補償保険での救済には十分な意義があります。

以上、数度にわたって人身傷害補償保険の魅力について書いてみました。さまざまな救済システムがあり、メリットの大きな保険であるといえるのではないでしょうか。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です