人身傷害補償保険の魅力②

カバーする対象者・事故の拡張・・・人身傷害補償保険では、カバーする対象者を自動車の所有者だけでなく、その配偶者、両者の同居の親族、両者の別居の未婚の子、車の同乗者にまで拡張しました。(親族とは、6親等内の血族・3親等内の姻族をいいます)

また、カバーする事故についても拡張されています。上に挙げた車の所有者、その配偶者、両者の同居の親族、両者の別居の未婚の子が人身傷害補償保険に加入している所有者の車に同乗中に自動車事故に遭遇した場合だけでなく、他車に搭乗中に自動車事故に遭った場合や、単なる歩行中での交通事故も人身傷害補償保険によってカバーされます。

なお、他車に同乗中、の他車には、同居の親族ないし別居の未婚の子が所有する自動車は含まれません。たとえば、父親が車の所有者かつ保険者である場合、息子が自分所有の車で自動車事故に遭っても、その車は「他車」には含まれません。これは、一つの人身傷害補償保険によって複数の自動車がカバーされることになるのを防ぐための措置です。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です