人身傷害補償保険の魅力①

人身傷害補償保険の魅力について、数度にわたってとりあげたいと思います。

過失相殺をしない・・・人身傷害補償保険の第一の魅力は、保険会社による過失相殺の放棄です。交通事故において、出会い頭の衝突、信号無視、横断歩道外横断などの場合は、過失による減額が行われます。人身傷害補償保険はこのような減額をしないので、そこが大きな魅力といえます。

過失相殺をしないもう一つの利点は、保険金支払が迅速に行われる点です。過失の有無と過失割合について争うことがなく、迅速に支払われる点が魅力であるといえます。

被害者に9000万円の損害があり、人身傷害補償保険に5000万円加入していた場合を考えますと、

被害者に過失がない場合⇒加害者の任意の対人賠償保険から全額回収します

加害者が対人賠償保険に加入していない場合⇒加害者の自賠責から3000万円、人身傷害補償保険から5000万円、残りの1000万円は加害者本人に請求します

被害者に50%の過失がある場合⇒対人賠償保険から自賠責保険金3000万円を含めた4500万円を一括払で回収し、残りの4500万円は人身傷害補償保険から回収します。または、自賠責保険から3000万円、人身傷害補償保険から5000万円、対人賠償保険から1000万円を回収します。この場合、もし被害者が人身傷害補償保険に加入していなければ、自己の過失分4500万円が回収できない危険性があります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です