人身傷害補償保険について

人身傷害補償保険はなぜ必要なの?どういうメリットがあるのか?というご質問をされる被害者様がおられます。

自賠責保険には死亡3000万円、傷害120万円、後遺障害75万円~3000万円という支払限度額があるために、損害の全額をカバーできないので上積みとして対人賠償保険がある、というのは明解で理解しやすいです。ではなぜそれに加えて人身傷害補償保険が必要なのでしょうか。

それは過失相殺が原因です。例えば、被害者が赤信号を無視して自動車事故に遭った場合、被害者に大きな過失があり被った損害のほとんどが過失相殺として減額され、その減額分は対人賠償保険でもカバーされません。

人身傷害補償保険は、対人賠償保険がカバーしないこの過失相殺分をカバーしてくれる保険なのです。ですので、非常に重要で必ず加入しておくべき保険であるといえます。

自賠責保険、対人賠償保険、人身傷害補償保険は、自動車を運転する者としては必要不可欠であるといえます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。