交通事故業務のセミナーを開催します

TAC株式会社様のご協力を得まして、明日15日の17時より、『交通事故業務に携わる行政書士』についてセミナーを開催します。
第一回目となります今回では、交通事故だけでなく、行政書士の現状やそのマーケットについての現状についてもお話をさせていただくことになっております。

テーマとしては、『行政書士+付加価値』がなければマーケットの中で埋もれてしまう、ということです。
ただ単に、行政書士が業として行うことのできる業務についてこなしていくだけではマーケットにおいて生き残っていくことは難しく、いかにして『行政書士の資格に付加価値をつけるか』ということの重要性についてご理解いただくことが最大の狙いです。

そしてその付加価値は、『交通事故業務』を例としてとりあげ、第二回目以降では、『後遺障害×行政書士という働き方』についてお話をさせていただく予定です。
明日のセミナーでは、第一回目の導入部として、交通事故業務において弁護士や行政書士がどのような役割を担っているのかを、具体例を交えてお話させていただきます。
参加は無料ですので、行政書士の資格は持っているが活かせていない方、交通事故業務に興味をお持ちの行政書士の方、行政書士の資格をこれから勉強してみようかとご検討中の方、行政書士って何をしているのか知りたいという方、交通事故について興味があるという方、どなたでもお気軽にご参加ください。

第一回行政書士業務セミナー

~序論~ 『行政書士として働く』

第一部 行政書士の現状、将来

第二部 「後遺障害×行政書士」という働き方 導入部

<日時>平成26年2月15日 17時~18時
<場所>TAC梅田校
<主催>TAC株式会社、一般社団法人 全国交通事故被害者支援センター

自賠責保険

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。