下肢の短縮障害

下肢の短縮障害による後遺障害等級

8級5号⇒1下肢を5cm以上短縮したもの
10級8号⇒1下肢を3cm以上短縮したもの
13級8号⇒1下肢を1cm以上短縮したもの

立証のポイント

1下肢を5cm以上短縮したものは8級5号、3cm以上短縮したものは10級8号、1cm以上短縮したものは13級8号が認定されています。
測定方法は、上前腸骨棘と下腿内果下端の間の長さを測定し、健側と比して算出します。

測定の誤差を防ぐために、ロールフィルムの撮影を依頼して下腿骨の全長を撮影し、計測をする方法が最善の方法です。
5cm以上の短縮がある場合は、必ずロールフィルムを添付して申請しなければなりません。
ロールフィルムの撮影の設備がない病院では、大腿骨の全長、下腿骨の全長をそれぞれ個別にXP撮影を行い、メジャーで計測をする方法もあります。

c_g_l_12

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。