上腕神経叢麻痺

上肢の運動は、頸髄から出ている5本の神経根、C5頸髄神経根からT1胸髄神経根を通過して各々の末梢神経に伝わっています。これらの頸髄からの神経根が引き抜かれることにより、上肢に様々な障害が残ることになります。これが、上腕神経叢麻痺です。

全型の引き抜き損傷では、肩関節、肘関節、手関節のいずれもが用廃となり、5級6号の認定が考えられる非常に深刻な後遺障害となります。交通事故においてどのような受傷で発症しやすいのか? バイクや自転車で走行中に事故に遭い、肩から転落したために側頸部の神経根が引き抜かれた、または引きちぎられたために発症することか多いです。

C5頸髄神経・・・肩の運動

C6頸髄神経・・・肘の屈曲

C7頸髄神経・・・肘の伸展、手首の伸展

C8頸髄神経・・・手指の屈曲

T1胸髄神経・・・手指の伸展

をそれぞれ司っています。これらの神経根が受傷によって引きちぎられるために、それぞれの支配領域である上肢の神経麻痺が発症するのです。

<引き抜き損傷である場合>・・・脊髄液検査、CTミエログラフィー検査で立証する必要があります。

<引き抜きではないが、断裂がある場合>・・・ミエログラフィーでは異常所見が出ない場合があります。この場合は、脊髄造影、神経根造影、自律神経機能検査、電気生理学的検査などで立証する必要があります。

<神経の外周には異常がないが、神経の内部、軸索に損傷がある場合>・・・軸索損傷と呼びます。この場合は麻痺は回復しますので、後遺障害の対象とはなりません。

<神経自体に損傷はないが、神経がショック状態のために麻痺をしている場合>・・・神経虚脱と呼びます。この場合も麻痺は回復しますので、後遺障害の対象とはなりません。

治療のポイントは、早期に治療を受けることです。神経縫合、肘間神経移行術、神経血管付筋移行術などを受けます。筋肉が萎縮してしまってからでは、神経が回復したとしても十分に機能を取り戻すことができません。ですので、早期の治療が大切なのです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。