三国志祭り

皆様は三連休、どのようにお過ごしでしたでしょうか?

神戸の長田では、三国志祭りが開催されていました。漫画『三国志』を描かれた横山光輝先生が長田出身であるのにちなんで、五年前から開催されているイベントです。

三国志そのものに興味があるのはもちろんなのですが、テレビゲームのジャンルの、歴史シミュレーションというジャンルのゲームがとても好きで、『信長の野望』や『三国志』といった歴史シミュレーションのシリーズはすべてプレイしてきました。

2012年に発売予定の三国志シリーズ最新作、三国志12のプロデューサーさんも三国志祭りに参加されるということだったので、そういう点でも三国志祭りに興味があったのです。

三国志の登場人物は魅力的な人物ばかりなので、人によって様々な好みがありますが、私が好きなのは魏の参謀たちです。

郭嘉、荀イク、程昱、カク、満寵、荀悠、陳グン・・・などなど。

司馬懿はあまり好きではありませんがw

中でも程昱は好きですね。程昱といえば十面埋伏の計!

蜀で最も好きな人物は、魏延です。孔明に疎んじられたためにいまいち悪い印象の強い彼ですが、劉備には漢中を任されるなど、非常に信任されていました。

蜀で言うなら、魏延、黄権、趙雲はズバ抜けて優秀であると私は思います。

関羽や張飛、趙雲ほどの功績があったとまでは言いませんが、少なくとも黄忠や馬超よりは魏延の方が活躍もしているし戦上手であると思うのですが、どうなのでしょうかw

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。