バレ・リュー症候群 ペインクリニックの有用性について

バレ・リュー症候群の症状については、ペインクリニックでの治療が非常に効果的です。
言い換えれば、ペインクリニックで治療を受けなければ症状の改善は難しい、とも言えます。

ペインクリニックとは

痛みには、身体の異常事態を教えてくれる働きがあります。
しかしながらその痛みが続くと、生活の質が低下し、生活改善のためには痛みを和らげる治療を検討しなくてはなりません。
ペインクリニックでは、薬や神経ブロックなどの方法で痛みを和らげる治療を行います。

・薬物治療・・・患者の痛みに対して最も効果的であると考えられる薬で治療を行います。
・神経ブロック療法・・・痛みの原因となっている神経の働きを抑えることによって、痛みを治療します。
血液の流れの改善によって治療を行う意味合いもあります。
低侵襲手術療法では、脊髄の周りを電気で刺激する方法や内視鏡を用いて神経の癒着をはがす治療を行います。
その他、光線治療、理学療法、認知行動療法などがあります。

なかなか治らない痛みの残存する理由

痛みは一種類ではありません。
天候が悪い時などに痛くなる神経痛は、擦り傷や切り傷の痛みと同じではありません。
当然、治療薬や治療法も異なります。
痛みのタイプや、痛みについての評価を行うことが大切です。

ペインクリニックで治療する主な病気

・頭痛
・顔面神経麻痺、突発難聴
・腰下肢痛
・頸肩腕症候群
・繊維筋痛症
・帯状疱疹後神経痛
・三叉神経痛
・幻肢痛
など。

パレ・リュー症候群に対する有用性

頸椎捻挫を起点とするバレ・リューの症状については、整形外科でリハビリをどれだけ受けたとしても改善は難しいと言えます。
その場合は、整形外科と並行してペインクリニックへの受診も検討する必要があります。
バレ・リューの症状(頭痛、難聴、めまい、吐き気など)については、ペインクリニックでの治療を視野に入れる必要がある!ということを認識しておく必要があります。
むやみに痛み止めの薬を飲み続けても、症状の改善は望めないのです。

鬱

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。