セカンドオピニオン大歓迎

本日は朝から病院同行で明石に行っていました。お昼は明石で食べようかなぁ・・・とか思っていたのですが、気が付いてみれば午後二時に・・・ 症状固定日であったのでXPの撮影や可動域検査の立会いなどがあり、気が付けばかなり時間が経っていました。

缶コーヒーとチョコレートを駅の売店で買い、電車の中でモソモソ食べました。わびしい昼食ですw

さて・・・

皆さんは医者に診ていただくとき、セカンドオピニオンとして別の医者にも診ていただいたりすることはあると思います。癌などの重い病気であればあるほど、そうだと思います。セカンドオピニオンとして病院をかけもちするのは、もはや当たり前の時代です。

法律家への相談についても、同じことが言えるのではないでしょうか? 突然交通事故に遭い、どの弁護士や行政書士に相談しようか・・・となっても、どの専門家が交通事故に精通しているのか、適切な後遺障害獲得のための有用な治療先を確保しているのか、なかなか判別できないものです。

ですので、たくさんの専門家にご相談をし、そのうえでどの専門家が良いのか判断されるべきだと思います。すぐに契約に持ち込もうとされても、少し待ってセカンドオピニオンとしてどうぞご相談にお越しください。相談料はいっさい無料です。そのうえで、『いや、やっぱり最初の相談に行ったところがよさそうだ』と思われたなら、それはそれでかまいません。

当事務所はセカンドオピニオンとして相談にお越しになることを大歓迎しております。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。