むちうち(頸椎捻挫・外傷性頸部症候群)と後遺障害

むちうち(頸椎捻挫・外傷性頸部症候群)は後遺障害として認定されることはない?こんなことを耳にすることがあります。

しかし、それは間違いです。むちうちは後遺障害として認定されます

ただし、要件はあります。必要な神経学的所見、適切な治療実績等が必要ですし、訴えるべき自覚症状も、ただ痛みだけを訴えればいいというものではありません。画像所見との整合性も重要なポイントです。

むちうちは14級9号もしくは12級13号か、いずれかが認定されることになりますが、どのような要件があれば12級となり、どのような状態であれば14級が認定されるのか、それらの要件も決まっているのです。

むちうちで後遺障害等級認定を目指すに当たって最も陥りやすい落とし穴が、誤った治療実績の積み重ねです。ただ治療を重ねていけばいいというものではないのです。

そしてそのような誤った治療実績の積み重ねをしてきたうえで六か月が経過し、症状固定の時期を迎えた頃に相談にお見えになっても、もうこちらとしては時期的に修正することが不可能でお力になることができなくなってしまうのです。

そういった被害者様を数多く見てきました。もっと早期にご相談いただいていれば・・・しかしもう、そのような状態となっていては諦めざるをえないのです。

ですので、事故直後からなるべく早期の段階で、ぜひご相談にいらしてください。間違いのない等級認定を得るためには、間違いのないプロセスを踏んで、システマチックに計画的に行動していかなければなりません。交通事故に遭ったら、無料相談を利用してぜひご相談にお越しください。早ければ早い時期であるほど間違いのない等級の獲得に繋がります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。