なぜ行政書士なのか

交通事故において、受傷後から後遺障害等級の認定に至るまでの被害者対応は、ひとつ間違えれば後遺障害等級の認定が困難になってしまう状態にもなりうるために、非常にデリケートな対応が必要になってきます。

等級認定を求める自賠責に対する被害者請求の手続きは、何ら紛争性がなく、またそもそも自動車損害賠償保障法は車社会の健全な発展に資するための制度的な主旨に則って設けられた法であるため、行政に関する手続きの円滑な実施に寄与し国民の利便に資するという使命を帯びた行政書士は専門家として対応すべきなのです。

弁護士は紛争性のある問題を解決し、損害賠償を実現する専門家です。

被害者の後遺障害等級が確定し、請求すべき損害額の全体額が確定したときに弁護士の仕事が始まるのです。

後遺障害等級認定手続は行政書士、等級認定後の損害賠償額確定後は弁護士という棲み分けです。

弁護士が損害賠償を実現するための下準備を行政書士が行うイメージですね。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です