どのような治療実績を積み上げているか?

もう修正が不可能になっている状態でご相談をいただき、非常に残念に思うことが最近多くあります。修正不可能なポイントとしては、事故との因果関係が立証不可能になっているケースと、治療実績が後遺障害認定には不可能な治療実績であるケースと、多くはこの二つのケースです。

治療実績は、調査事務所は当然ながら重要視します。ですので、漫然と治療を続けるのではなく、等級認定がなされるために必要な治療実績を積み上げておくことが大切なのです。

しかし、症状固定直前になって治療実績に問題があることが判明しても、もうどうすることもできません。申請後非該当になってその後何度異議申立をしたとしても、もう認定されることはないのです。

ですので、少しでも修正が可能な時期に、事故後できるだけ早期のご相談を我々は推奨させていただいております。今現在、交通事故受傷によって治療を続けておられる方は、今一度ご自身の治療実績について確認してみてください。

傷病と自覚症状と治療先の治療に一貫性・整合性がありますか?整骨院を主たる治療先としていませんか?

非常に大切なアドバイスをすることができる可能性があります。初回相談は無料ですので、ぜひご相談ください。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。