14級9号:頸椎捻挫(30代女性・兵庫県)

【事案】

信号停車中に追突されたもの

【問題点】

症状固定時期について非常に困っておられた。完全に治癒するまで治療しようと考えておられた。

治療期間が非常に延びていた。

【立証のポイント】

理想的な交通事故の解決とは?このことについて被害者と丹念にお話合いをさせていただいた。そのうえで、どのように解決をしていくか、改めて方針・道筋を作成。

その方針のもと、今までの経過を大転換して対応を行う。症状固定時には医師面談を行い、後遺障害診断書の作成について協力を賜る。無事に14級9号が認定された。

(平成27年2月)

14級9号:頸椎捻挫(50代女性・兵庫県)

【事案】

自動車で直進中に対向右折車と衝突したもの

【問題点】

不定愁訴がかなり多く顕著に現れていた。そのためか、主治医とも関係が悪く、またペインクリニック等の様々な治療先を検討する必要があった。

【立証のポイント】

通院しやすいクリニックをご紹介し、そこで通院実績の積み重ねをしていただく。それと同時に不定愁訴について一つ一つ検討し、ペインクリニックも併用して治療を受けていった。

症状固定時には医師面談を行い、後遺障害診断書の作成についてご協力いただく。不定愁訴についても一定の改善が見られ、なおかつ無事に14級9号の認定を受けた。

(平成27年1月)

14級9号:頸椎捻挫(30代女性・大阪府)

【事案】

交差点で青信号を自動車で直進中に、信号無視をした自動車に出会い頭衝突されたもの

【問題点】

相談時、MRIを撮影していなかった。

バレ・リューを思わせる症状が非常に多く、ペインクリニックの併用が必要であると思われた。心療内科に通っておられた。

【立証のポイント】

麻酔科も併設している整形外科をご紹介し、そこでリハビリ通院をしていただいた。また、MRI撮影を依頼し、画像を分析した。

通院実績の積み上げについてアドバイス行い、症状固定時には医師面談を行い後遺障害診断書の作成においてご協力を仰いだ。

事故態様がやや不利な状況と思われたため、現れている症状についてどこまで信用性を高めることができるかがポイントであった。14級9号が認定される。

(平成27年1月)

 

14級9号:頚椎捻挫・肩関節周囲炎(30代女性・千葉県)

【事案】

渋滞で停車中、後続車に追突された。頚部と肩部に痛みを残す。いわゆる頚肩腕症の症状。後遺障害認定に向け、弁護士から当方へ対応の依頼を受けた。

【問題点】

頚椎捻挫は目立った神経学的所見なし。また、肩関節周囲炎が事故外傷によるものか否かもポイント。

【立証ポイント】

肩に関してはMRI所見に加え、オブライエン・テスト、CATテスト、HFTテストにて陽性を記載いただく。肩に造詣が深い医師で助かった。しかし、決め手は症状の一貫性と比較的若い年齢。中高年の肩関節周囲炎は加齢が原因とされるからです。

(平成25年3月)

14級9号:頸椎捻挫(60代男性・兵庫県)

【事案】

自動車運転中、交差点で他の自動車と出会い頭衝突をしたもの

【問題点】

MRIを撮っておらず、また医師がMRIの必要性について非常に否定的であった。

左手指の痺れについて、被害者自身は感じていたものの事故とは関係のないものだと思い込み、医師に訴えていなかった。そのため、左手指については症状の一貫性が欠けていた。

【立証のポイント】

医師面談を行い、MRIの撮影を依頼。しかし、医師が非常に協力的ではなく、交渉は何とか成功したものの、ここが非常に困難なところであった。

左手指の痺れの症状の一貫性についてもご説明したが、ここでも医師から否定された。これについては証拠を提示することもできないため、医師の説得は断念。しかし、頸部痛を前面に主張していく方針に切り替える。症状固定時にも医師面談を行い、後遺障害診断書の作成について医師と協議。これも難航したが、何とかこちらの主張をお聞きいただけた。頸部痛で14級9号が認定される。

(平成26年12月)

14級9号:頸椎捻挫(30代男性・兵庫県)

【事案】

自動車運転中、信号待ち停車中に追突されたもの。

【問題点】

治療先から、もう通院しなくていいと言われていた。症状は残存しているのに・・・そのため、通院先について非常に悩んでおられた。

MRIを撮っていなかった。

【立証のポイント】

近隣の整形外科をご紹介し、そこでリハビリ通院をしていただく。また、医師にMRI撮影を依頼し、画像所見を得る。

順調に通院実績を積み上げ、症状固定時には医師面談を行い、適切な後遺障害診断書の作成にご尽力いただいた。その甲斐あって、14級9号が認定された。

(平成26年11月)

14級9号:外傷性頸部症候群(30代男性・愛知県)

【事案】

高速道路を走行中、後ろからトラックにひっかけられ、スピンしたところ後続車に追突される。

【問題点】

保険会社からは後遺障害など残ってないので申請しても無駄と言われ、主治医からも後遺障害診断書は書かないと言われたため、後遺障害の申請をあきらめ、固定後数ヵ月が経過。提示された損害賠償額が妥当かどうかの相談に見える。

【立証のポイント】

診断書などの資料や自覚症状から、申請すれば認定の可能性があると判断。さっそく後遺障害診断書作成拒否の主治医に面談。丁寧に説明し、後遺障害診断書を書いていただくことに成功。何とか14級9号の認定を得る。     (平成26年2月)

14級9号:頸椎捻挫(50代男性・兵庫県)

【事案】

自動車運転中、信号無視の居眠り運転の対向車に出会い頭衝突をされた。

【問題点】

以前、すでに頸椎で14級9号の認定を受けていた。

治療先の選定で苦慮されておられた。

【立証のポイント】

まず、以前の事故の認定時の資料をとりつけ、分析。どのような症状で等級が認定されたのかを精査する。

その結果、以前の事故では「頸部痛」で認定がなされていたことをつきとめる。

そのため、今回は実際にある症状のうち、「神経症状(痺れ)」の症状で等級認定の可能性を探る方針を固める。MRI撮影とその分析、また主治医との面談で症状の推移について、認識を共有させておいた。

申請の結果、14級9号が認定される。痺れの症状に対しての等級であるので、頸椎捻挫ではあるが今回も自賠責から無事に入金された。

(平成26年10月)

14級9号:頸椎捻挫(70代女性・兵庫県)

【事案】

自動車運転中、交差点で信号待ち中に、タクシーに追突されたもの。

【問題点】

主治医がきわめて非協力的であった。

症状固定をいつにすべきなのか、迷いをお持ちであった。

症状の訴えが、主治医に対していまいちうまくできていなかった。

【立証のポイント】

医師面談を行い、症状についての確認・認識の共通化を行う。

症状固定に向けて具体的に計画を作成し、そのとおりに進めていった。

症状固定時には医師面談を行い、理想的な後遺障害診断書の作成を依頼する。

14級9号が認定された。

(平成26年9月)

14級9号:頸椎捻挫(30代女性・大阪府)

【事案】

自動車運転中、信号待ち停車中に後続車に追突されたもの。

【問題点】

相談時、治療先の選定に苦労されておられた。

どのような治療実績を積み重ねていくべきか、症状をお聞きしたうえで計画していく必要性があった。

【立証のポイント】

適切な治療実績の積み重ねについてアドバイスを行う。

MRI画像の撮影を依頼し、その後MRI画像の分析を行う。

症状固定時には主治医と面談を行い、問題のない後遺障害診断書の作成について依頼する。

無事に14級9号が認定された。

(平成26年9月)