【事案】 バイクで走行中に、左折車に巻き込まれ損傷したもの。 【問題点】 治療先があまり痛みの原因について究明しようとする意思がないように感じられた。 【立証のポイント】 左手関節に痛みと腫れを訴えておられたので、医師面 […]

続きを読む »

【事案】 原付バイクで直進中、左方脇道から合流してきた自動車と衝突した。初期の診断名は各部の打撲・捻挫のみ。右手首は手関節捻挫のまま6ヶ月保存療法が続き、症状固定・後遺障害申請を迎える。結果は当然に「非該当」。毎度おなじ […]

続きを読む »

【事案】 自動車搭乗中、踏切前で停車のところ、大型車に追突される。その際、頚椎捻挫、胸腰部挫傷等の診断名に加え、後にTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)が加わる。専門医に受診し、手首は手術で損断裂部を縫合した。 【問題 […]

続きを読む »

【事案】 自転車で交差点を横断中、左折するトレーラーに巻き込まれ、右手関節(尺骨遠位端、手根骨、第二中手骨)、右足関節(両顆部)を骨折した。手関節、足関節共にプレート固定を施行した。 手根骨は具体的に大菱形骨、有鉤骨の骨 […]

続きを読む »

【事案】 バイクで交差点を直進中、対向右折自動車と衝突して右手首を骨折したもの。救急搬送後、プレート固定とした。理学療法を継続、半年後に症状固定を迎えた。 【問題点】 相談会で計測のところ、掌屈、背屈とも2分の1ギリギリ […]

続きを読む »

【事案】 バイクで渋滞の2車線道路の間を走行中、左側の自動車が急に車線変更したため衝突、右手首、左手甲を骨折したもの。その後、1年の通院を経て症状固定前に相談会に参加された。 【問題点】 まず画像である。粉砕骨折した橈骨 […]

続きを読む »

【事案】 自動車搭乗中、渋滞で停車していたところ、後続車の追突を受け、前車にも衝突、さらに中央分離帯にまで弾き飛ばされた。その際、ハンドルを握ったまま肘を強打し、以来、肘から手指にかけてしびれに悩まされる。 理学療法を継 […]

続きを読む »

【事案】 バイクで直進中に、突然左折してきた自動車に巻き込まれたもの 【問題点】 右環指のオーバーラッピングが見られた。 骨折部の関節面の不整を確認する必要があった。 【立証のポイント】 MRI撮影を依頼し、関節面の状態 […]

続きを読む »

【事案】 横断歩道を歩行中に自動車にはねられたもの。 【問題点】 機能障害は残存しているものの、10級の認定にはぎりぎりであった。 【立証のポイント】 適切な症状固定時期を選定し、医師に症状固定を依頼する。医師はまだ症状 […]

続きを読む »

【事案】 オートバイを運転し信号交差点に進入したところ、対向車線から自動車がUターンを始め、避けきれずに衝突したもの。 【問題点】 最初左橈骨骨幹部骨折と尺骨茎状突起骨折のみの診断で、舟状骨骨折に関する治療が行われていな […]

続きを読む »

お問い合せはお気軽に!事務所へのアクセス方法はこちらから!むちうちのお問い合わせはコチラから!
無料相談会のご案内はこちらから!後遺障害等級認定実績一覧高次脳機能障害のお問い合わせはコチラから!むちうちのお問い合わせはコチラから!当事務所がお手伝いできることについて