症状固定について

受傷後治療を続け、ある程度症状が緩和したがある時期においてその症状(痛みやしびれなど)がおさまったりひどくなったりを繰り返す状態となり、その状態がずっと続くことになる場合があります。

この状態が今後も続くだろうと見込まれた場合、医学上妥当と認められる期間経過後に症状固定とすることが実務上行われています。症状固定がされた日を症状固定日といい、固定日以後の治療費は保険会社は支払いません。

医師に後遺障害診断書を書いてもらった日が症状固定日となりますので、その後の治療費のことを考えますと、症状固定日をいつにするかという問題は非常にデリケートな問題です。ただ、後遺障害診断書は保険会社が勝手に医師に書いてもらうことはありませんし、被害者が医師に頼んではじめて医師が後遺障害診断書を書くことになります。

したがいまして、被害者自身が十分に納得した上で医師に後遺障害診断書の作成をお願いすることが大切です。
また、後遺障害診断書に書かれる医師の意見は、認定の際に非常に重要なポイントとなります。日頃から医師と十分なコミュニケーションをとっておくことが重要になります。

なぜ行政書士なのか

交通事故において、受傷後から後遺障害等級の認定に至るまでの被害者対応は、ひとつ間違えれば後遺障害等級の認定が困難になってしまう状態にもなりうるために、非常にデリケートな対応が必要になってきます。

等級認定を求める自賠責に対する被害者請求の手続きは、何ら紛争性がなく、またそもそも自動車損害賠償保障法は車社会の健全な発展に資するための制度的な主旨に則って設けられた法であるため、行政に関する手続きの円滑な実施に寄与し国民の利便に資するという使命を帯びた行政書士は専門家として対応すべきなのです。

弁護士は紛争性のある問題を解決し、損害賠償を実現する専門家です。

被害者の後遺障害等級が確定し、請求すべき損害額の全体額が確定したときに弁護士の仕事が始まるのです。

後遺障害等級認定手続は行政書士、等級認定後の損害賠償額確定後は弁護士という棲み分けです。

弁護士が損害賠償を実現するための下準備を行政書士が行うイメージですね。

被害者請求を行う意義

保険会社に後遺障害等級の認定を任せていた場合(保険会社を通して等級認定の申請をすることを、事前認定といいます)、必要な検査をしないまま申請をしたり、適切な医証を欠いたまま申請をする場合がありますので、後遺障害の原因がよほど明確でない限り被害者の納得のいく後遺障害等級の認定は見込めません。
被害者からすれば何もせずにお任せできるため手間はかかりませんが、非常に不明確な手続きをされてしまうおそれがあります。

事前認定をせずに被害者請求をする利点は、医証を揃える時点から関われるので明確な手続きと的確な立証が可能となります。
被害者請求は、後遺障害診断書+診断書+診療報酬明細書+医学的所見(画像所見や検査所見など)を加害者の加入する自賠責保険に郵送することにより行います。
被害者自身でも対応可能であると思います。しかし日々の治療・生活もありますので、被害者自身がこれらの手続きを行っていくのはやはり困難な面もあります。その場合はどうぞ、当事務所にご相談ください。
なかなか理解されにくい痛みをかかえて、たった一人でやっていくのは心細いものです。そういったご依頼者様を、全力でサポートさせていただきたいと思っております。

豊富な経験と実績

NPO法人交通事故110番は十年にわたり交通事故被害者救済活動を行ってまいりました。毎日3000件を超えるアクセスを誇る「jiko110」ホームページは全国の被害者、法律関係職に絶大な支持を受けております。その活動は交通事故解決の定番として各方面に認知されており、豊富な経験からの指導とノウハウが被害者を助ける力となっております。とくにグループ行政書士は集中研修や定例会議により、日々研鑽を積んでおります。
 なかでも後遺障害等級申請業務は他の追随をゆるしません。110番本部では累計およそ2700件もの後遺障害の経験・解析を通じ業界トップクラスのデータベースを構築、地域担当・行政書士の被害者対応に活かしています。                    

                      
                交通事故業務を行う弁護士・行政書士  部位別最新刊
               必携の「後遺障害等級獲得マニュアル」    5/1より続々刊行

保険内容の確認

交通事故解決に必要不可欠のものが保険です。
保険には様々な種類がありますが、どの保険を利用すればいいのかを検討します。
自動車任意保険については保険証券と約款を確認します。
証券と約款は、契約更新ごとに送られてくると思います。

約款は小さな文字でびっしりと書かれており、表現も難しいので何が書かれているのかわかりにくいという声をよく聞きます。保険各社も、昨年の保険法改正に前後して契約者に対し、保険内容の理解・周知に様々な取り組みをしているようです。
字を大きくしたり、イラストを添えたり・・・などです。
そして、web約款も登場してきました。

東京海上 http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/covenant/index.html
損保ジャパン http://cdms.jp/sompo-japan/car/index.aspx
三井住友海上 http://cws.ms-ins.com/webyakkan/index.html

各社、電子約款への転換を推進しています。
エコの問題、契約者の利便性、経費削減などの観点から、近い将来web約款が主流となると思われます。
約款をくまなく確認している契約者はほとんどいないと思われますが、自分自身の保険内容を確認しておくことは大切なことです。皆様も今一度、ご確認をされてみてはいかがでしょうか。

私の故郷、赤穂

私は、兵庫県赤穂市の生まれです。
赤穂といえば、有名なのは忠臣蔵。忠臣蔵は、旺盛な独立心と権威に対する反骨精神をもつ播州人にとって、たいへんに誇れるものです。
独立心や反骨精神という播州人気質を刺激してくれるのでしょうね。

赤穂事件は、冷静に見れば藩ぐるみになって時の政府(幕府)に対して行った、流血をともなう決死の抗議運動といえるかもしれません。
ただ私は赤穂浪士に、平和が続く中で時代の風潮に流されていくままになっている世代と時代に対する、武士としての叫びのようなものを感じずにはいられません。

人間は誰でも様々な葛藤を抱えていますが、命よりも大切な何かを見つけることができたとき、人は往々にして死を超越して命を燃焼することができるのかもしれません。
少し大げさですねw

ちなみに、赤穂にある大石神社には、本能寺の変で織田信長とともに斃れた森蘭丸も祀られています。

ホームページ開始

皆様はじめまして。神戸を中心に関西圏で活動しております、交通事故専門の行政書士 佐井 秀彰と申します。
2011年3月より、全国の行政書士、弁護士、NPO法人、メディカルコーディネーターによる全国対応・トータルサポートの対応開始です。

多くの専門家に囲まれ、日々勉強の毎日です。
こちらの業務日誌では、交通事故に関する情報、活動報告を雑事なども含め、日々ご報告させていただきたいと思っております。
当ホームページもコンテンツの充実等、進化させていきたいと思っております。皆様よろしくお願いいたします。