本年度の業務を開始のお知らせ+ホームページコンテンツ拡充のお知らせ

皆様、あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、今年も業務が開始となりました。お電話とメールでは休み期間中も対応させていただいておりましたが、本格的な事務所業務は今日から開始です。
本年も精進してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
本年度も、相談会を核として、皆様のご相談に対応させていただきたいと思っております。
1月は、18日に大阪茨木で、24日に芦屋で、31日には奈良生駒で開催予定です。
いずれも、連携させていただいている弁護士との共同開催です。

我々は、普段の業務においてさまざまな被害者様、医師と面談をすることによって、経験を有しています。
その経験で、皆様の隠れた障害をすべて立証し、医証として完成させるお手伝いをさせていただきたいと思っております。
例えば・・・
頭部外傷の場合、その被害者様に右片麻痺があったとします。
右手が麻痺の為にうまく動かすことができない、右足が痺れているために杖なしで歩行できない、などの症状です。
このような症状が確認できる場合には、絶対に『失語の検査を受けなければならない』のです。
被害者ご本人様には当然病識がないので気づきませんが、医師や家族が気づいていないとしても、右片麻痺があれば当然に失語は疑われて然るべきなのです。
検査をすれば、おそらく一定の障害が発見される可能性が大です。

これらのアドバイスは、幾人もの被害者様に対応させていただいて培った経験によるところが大きいです。
このケースに限らず、交通事故による後遺障害にはこれと同じようなケースはたくさんあります。
ぜひ、無料相談会にお越しいただいて、ひとまず私どものアドバイスを聞きにお越しいただきたいと思います。

相談会をより皆様に知っていただくため、新たなコンテンツを作成いたしました。
すでにトップページや相談会の案内の中でアップしております、『紙芝居コンテンツ』です。
第一弾として、むちうち編をアップしております。ぜひご覧いただけましたらと思います。
これらは随時制作され、さまざまな傷病ごとに8パターンほど作成中です。
その後、さらにパターンを増やす計画もしております。
皆様に相談会の意義、早期相談の大切さをさらに知っていただきたく、今後も拡充してまいります。

実績ページのリニューアルも検討しております。こちらは、夏ごろになってしまうかもしれません。
棒グラフなどを用いて、わかりやすい、より視覚性のあるページにリニューアルしたいと考えております。
本年も、皆様に喜ばれるサービスの提供と情報の発信に努めてまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

まずはお問い合わせから!

年末年始の営業につきまして

年末年始の営業のお知らせ

・~12月30日まで通常どおりの営業です。(なお、12月30日は当事務所において梅田交通事故無料相談会を開催いたします)
・12月31日~1月4日までは、事務所は締まりますので来所いただいての相談に対応できません。電話かメールにおいてご相談に対応いたします。
・1月5日より、平常の業務を再開いたします。

ご不便をえかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

1_454x340

本年度の業務の感想『後遺障害に強い法律事務所、行政書士事務所とは何か』

本年も、残すところあと一週間となりました。
ここで、本年の業務を通して感じたことを書きたいと思います。

今年は、医師との連携、保険代理店との連携が飛躍的に伸びた一年でした。
医師の皆様、保険代理店の皆様に対してセミナー等をさせていただく中で、『我々のグループの強み』について改めて考えさせられることが多々ありました。
我々の強みとは何だろう・・・
つい、見失いかけてしまうことがあります。

我々の強み、それは『医療ネットワークを有している事』これに尽きると思うに至りました。
医師に書類を書いてもらうだけ?
誰でも簡単にできる?
一見そう見えるのは、自分で開拓した医療ネットワークを利用して立証しているからなのです。

ただ、その医療ネットワークを開拓すること、またそれを維持し続けること、ここが非常に難しく困難を伴うのです。
そこが非常に評価されにくい。
我々のように普段から病院同行で病院を回り続けている人間が見れば、そこの部分の苦労は簡単に理解ができるのですが。

後遺障害の立証について、簡単にできると思われるのであればご自身でなさればいいと思っています。
これは被害者の皆様に対してだけでなく、弁護士の先生方、代理店の皆様に対しても同じことを申し上げたいと思います。
我々の『医療ネットワーク』を当たり前のように利用していながら、そのネットワークを利用すること自体の貴重さについてご認識いただけない時があり、それについては非常にがっかりすることがありました。

我々は、地域によってばらつきはありますが、『すべての後遺障害について適切に立証できる医療ネットワーク』を有しています。
そこが、最大の強みです。
立証なんて簡単?
医師に書類書いてもらうだけ?
そうお考えであればそれで結構。
我々は、我々の医療ネットワークをさらに強化し、被害者救済に邁進していくのみです。

『後遺障害に強い法律事務所?』『後遺障害に強い行政書士事務所?』
こんな宣伝をホームページに載せている事務所に相談に行かれたのなら、
『年間何回病院同行を行っていますか?』
これは必ず質問していただきたいと思います。
この返答が100回以下なら、その専門家は後遺障害を何もわかっていません。断言できます。
後遺障害は、自賠責のルールの下で等級を獲得しなければなりません。
医学的な意味での後遺症と、賠償的な意味での後遺障害はまったく別物なのです。
つまり、『医学的な意味での後遺症』から、『賠償的な意味での後遺障害』へと誘導していかなければならないのです。
そのキモが、『病院同行』なのです。
それは、どれだけ医学書をかじったとしても体得できません。
医師面談を経験しまくった末に体得できるものなのです。

少し話が逸れましたが・・・
私たちの最大の強みは、『すべての後遺障害に対応できる医療ネットワークを確保している』ことです。
来年以降も、それを強化していきたいと思います。
本年度の業務を通して、こんなことを再認識しました。

病院へも同行します。

お盆明けの業務報告

8月15日~8月17日まではお盆休みをとらせていただいておりました。
18日より営業を再開しております。

18日の月曜日は、徳島への出張でした。
高次脳機能障害の案件の打ち合わせで、等級も認定され、いよいよ訴訟へと移行していく段階です。
弁護士との同行出張でした。
訴訟の段階に入っても、必要があれば随時サポートを継続していきます。

本日19日は、京都の六地蔵まで病院同行でした。
頭部外傷の案件で、被害者本人の状態の確認と親族との打ち合わせが主な目的でした。
こちらも弁護士と一緒の同行でした。

水曜日は大阪の東淀川で医師面談、木曜日は大阪茨木で相談会、金曜日は京都で医師面談の予定です。
お盆明けでまだ酷暑が続きますが、業務はどんどん進行していきます。
体調面に気を付け、頑張っていきたいと思います。

9月からは九州地域、滋賀、大阪、阪神地域において大々的に相談会を開催します。
やりすぎじゃないの・・・?と思われるくらいたくさん開催します(笑)
今年後半もどんどん突っ走っていきますので、被害者の皆様におかれましては、無料相談会をどんどん利用していただきたいと思います。
『交通事故は人生においてそんなに遭遇するものじゃない』
だからこそ、『交通事故に遭ってしまったら慎重に事を進めて行っていただきたい』と強く思います。

今回の教訓を活かして次は・・・というわけにはいかないのです。
人生において交通事故はそうそう起こることではありません。だからこそ、実際に交通事故に遭ってしまった場合は我々のアドバイスを参考にしていただき、理想的な解決のために間違いのない対応をしていただきたいと思います。

無料相談

夏期休暇が終わりました

7月18日より海外で夏季休暇をとらせていただきまして、本日の朝日本に帰国しました。
朝10時より、営業を再開しております。
皆様にはご不便をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

一足早く夏季休暇も終了し、まずは今週金曜(7月25日)の徳島交通事故相談会、土曜(7月26日)の神戸芦屋交通事故相談会、日曜(7月27日)の大阪都島交通事故相談会の三日連続の交通事故相談会を開催します。
8月には東京と大阪での弁護士向け高次脳機能障害セミナー、大阪布施交通事故相談会の予定があり、今年の後半もバリバリ活動していきます。

今年も年末まで精力的に全国で交通事故無料相談会を開催していきますので、交通事故に遭われた被害者様におかれましては、無料相談会をぜひご活用いただきまして、事故に対する理想的な解決のための一助としていただけましたら幸いです。

無料相談からはじめる交通事故解決

淡路島、徳島で病院同行+週末の大阪、福岡での交通事故相談会

今週は淡路島、徳島、大阪堺で病院同行があり、さらに弁護士向け研修会の準備の事務作業を並行して行っておりましたため、今週はいまのところ毎日終電まで仕事をさせていただいております。
非常にありがたいことです。

研修会準備の事務処理作業は、今夜中に終了する見通しです。ホントに終わりの見えないキツイ作業でした!!!
明日は岡山で病院同行があり、土曜日は大阪で、日曜日は福岡で交通事故・後遺障害相談会です。
また、来週は火曜日(祝日)に芦屋で交通事故・後遺障害相談会があり、徳島で再び病院同行の予定があります。
また、大阪市内ですが病院同行があり、そして土曜日にはTAC様のご協力のもと、交通事故業務についてセミナーの講師をやらせていただくことになっております。

セミナーの模様は世界中にYOUTUBEで発信されるとも伺っており、驚愕していますw
とにかく、元気に活動しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、週末から始まる、大阪交通事故・後遺障害無料相談会(2/8土)、福岡交通事故・後遺障害無料相談会(2/9日)、神戸芦屋交通事故・後遺障害無料相談会(2/11祝)も何卒よろしくお願いいたします。(2/8大阪相談会はおかげさまをもちまして、現在予約が満員に近い状態です。2/22(土)にも大阪鶴橋にて相談会を行いますので、そちらをご案内させていただく可能性もございます。ご了承願います)
病院へも同行します。

打ち合わせのため沖縄へ出張

打ち合わせのため、昨日から沖縄へ出張しておりました。
またそこで非常に魅力的な弁護士の先生とも知り合うことができ、非常に充実した沖縄出張でした。

沖縄はとにかく暖かい!
昨日は沖縄の方にとっては寒い日であったそうですが、私にとってはとにかく暖かかった!
この時期にコートがまったく不要で、スーツですら少し暑く感じるときもありました。
やや強行なスケジュールであったので、こんどはゆったりと行きたいな・・・と思うところです。

沖縄にも多くの交通事故被害者がいらっしゃいます。
そのために、我々も活動と対策をしていかなければなりません!

週末は徳島相談会が開催されます

16日(日)に、徳島で交通事故無料相談会を開催します。
弁護士、NPO、行政書士の共同開催で、無料相談会となっております。

場所は東横イン徳島駅眉山口 会議室にて行います。

・受傷直後の方で、現在の治療内容や今後の対応について不安を感じている方
・保険会社からの提示額が妥当な賠償額であるのか確認したい方
・後遺障害等級認定の請求について相談したい方
・後遺障害等級の認定に向けてどのようなアプローチをしていくべきなのかを相談したい方
・認定された後遺障害等級が妥当なのかどうか相談したい方

など、様々な不安・疑問にお答えいたします。
死亡事故についてのご相談も承っております。

交通事故の賠償額は、弁護士に依頼することで大きく増額がなされます。
また、後遺障害に精通したスタッフに高障害認定のサポートを受けることで、賠償の土台となる後遺障害等級の認定は間違いのないものとなります。

無料相談会ですので、徳島の皆様にはご予約の上お気軽にご参加いただけましたらと思います。

病院へも同行します。

明日から6月度の交通事故無料相談会が始まります!

明日8日は大阪で、明後日9日は神戸で、6月度の交通事故定期無料相談会が開催されます。
弁護士、NPO交通事故110、メディカルコーディネーター(行政書士)による共同開催です。
大阪では、放射線科の医師もご参加いただけます。
両日とも夕方にまだ若干の空きがございますので、お電話かメールにてご予約のうえ、ご参加ください。

また、今月は16日に徳島で、29日に京都でも交通事故無料相談会が開催されます。
もちろん、いずれも弁護士、NPOとの共同開催です。
来月は姫路でも開催します。

交通事故解決の最も大切なことは、『機を逸しない』ことです。要は、手遅れになる前に対応しましょう!ということです。
相談料は無料ですので、どうぞお気軽に相談会にご参加ください。

自賠責保険