遂行機能障害について 目的に対してとる有効な行動についての認知機能を遂行機能と言います。 目的のために必要な計画、手順、実行を上手く行えない障害が遂行機能障害です。 遂行機能障害の立証には、前頭葉機能検査(FAB)、ウィ […]

続きを読む »

失語について 左大脳半球の損傷によって起こる言語機能の障害を、失語といいます。 左大脳半球が損傷を受けていることが画像で確認できるときは、失語の症状と思われるものが現れていないと思われる場合でも、失語の検査を受けるべきで […]

続きを読む »

失行とは 左前頭葉の損傷に起因する障害で、『事故前にできていたことができなくなる、やり方がわからなくなる』という障害です。 失行には、観念失行、着衣失行、観念運動失行、肢節運動失行などがあり、最もよく見られるのが観念失行 […]

続きを読む »

この記事では、高次脳機能障害における症状で、『固執性』と『発動性の低下』についてピックアップし、その対応について述べます。 固執性の症状 高次脳機能障害における固執性の症状には、以下のようなものが挙げられます。 ・物事に […]

続きを読む »

高次脳機能障害における記憶障害について 記憶障害とは、新たな情報を覚え、必要な時にそれを思い出すことができない状態のことをいいます。 記憶、と一言で言っても、記憶には様々な種類があり、短期記憶(電話番号を見てすぐに電話を […]

続きを読む »

お問い合せはお気軽に!事務所へのアクセス方法はこちらから!むちうちのお問い合わせはコチラから!
無料相談会のご案内はこちらから!後遺障害等級認定実績一覧高次脳機能障害のお問い合わせはコチラから!むちうちのお問い合わせはコチラから!当事務所がお手伝いできることについて