交通事故・後遺障害はお任せください!

高次脳機能障害のお問い合わせはコチラから!
むちうちのお問い合わせはコチラから!

交通事故無料相談会のご案内


もう、交通事故で検索をする必要はありません!

  • ムチウチって後遺障害として認められるの?
  • 交通事故に遭ったけれど、どう対応していいか分からない。
  • 被害者請求ってどうやってすればいいの?
  • 他の専門家が言ってたことは本当に正しい?
  • 後遺障害の認定基準ってどうなってるの?
  • インターネットでは情報が溢れすぎていて何が正しいのかわからない。

 私たちは、このような疑問にお答えできる専門家です。

交通事故後遺障害の専門事務所

 当ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
 当事務所は、交通事故に遭われた被害者様を、後遺障害等級認定前からサポートし、地裁基準で損害賠償を獲得することを目指す被害者の方々に最適なサービスをご提供しております。

 事務所代表は行政書士として被害者請求をサポートしておりますが、当事務所がご提供しているサービスは、通常行政書士が行っているような書類作成業務に留まりません。

 このページでは、当事務所がご提供しているサービスの内容についてご紹介致します。

交通事故を解決に導く『3つのサービス』

 当事務所では、被害者の皆様が適正な後遺障害等級認定を受けて交通事故を解決できるよう、以下の業務を行っています。

1.後遺障害診断書を作成するためのサポート業務

後遺障害診断書 交通事故でお怪我をなさった場合、解決には後遺障害の等級認定が必要となってきます。何故なら、示談における損害賠償は、認定された等級を基礎として算定されるからです。そして、適正な後遺障害の等級認定を受けるためには、十分な情報が記載された後遺障害診断書が必要となります。
 というのも、後遺障害の等級を認定する機関は、多くの事務処理を行うため、面談等を行わず、書類審査で等級認定を行います。そして、審査される書類と言えば、医師が作った「後遺障害診断書」とそれを裏付ける画像資料類になってきますので、事実上「後遺障害診断書」は等級認定に非常に大きな影響を持つことになるのです。
 ところが、後遺障害診断書は、医師にとってみれば「治療したけれども後遺障害が遺ったことを証明する文書」となりますので、詳しく書こうという気にはなりません。
 このため、交通事故被害者の皆様にとって決定的に重要となる後遺障害診断書に十分な記載がなされず、本来認定されるべき等級の認定がなされないケースも出てきているという現状があります。

 当事務所がご提供するサービスは、単に被害者請求の書類を作成するという『代書業務』ではありません。
 まず、事故当時からご相談頂くまでの経緯を詳細にお伺いして、十分なコンサルティングを行います。たとえば、関節の骨折などの症状においては、計測器を用いて可動域の測定を行うこともあります。
 そして、今後の治療計画や必要な検査について検討します。

 次に、治療計画や必要な検査についての方針を立てたとしても、それを医師には伝えづらいものです。
 ご安心下さい。当事務所では、病院に同行して医師に必要な検査の依頼をし、適正な後遺障害診断書の作成がなされるよう調整することで、被害者の皆様が、本来認定を受けるべき等級の認定を受け、それに基づいた解決がなされていくようサポートしています。

2.交通事故に強い弁護士の紹介

 後遺障害の等級が認定されると、いよいよ損害賠償について協議することになります。相手方の保険会社は「任意保険基準」と呼ばれる独自の基準で損害賠償額を算定しますが、これは「地裁基準」と呼ばれる裁判所で認められている賠償額に比べて低額です。
 ですので、損害賠償額は、任意保険会社の提示額を鵜呑みにすることなく、それが妥当なものかどうかのオピニオンを取るにこしたことはありません。
 では、誰に意見を求めればいいでしょうか?これは、やはり法律の専門家である弁護士ということになってくるでしょう。

 しかし、「弁護士の先生」とは言っても、各先生方の得意分野は様々です。耳鼻科の先生に脳の手術が難しいのと同じように、債務整理ばかりやってこられた先生が「交通事故専門弁護士です」と宣伝されても、良い結果が残せるかどうかは定かではありません。
 ホームページでは皆さん「エキスパート」のように記載されていらっしゃいますが、「高次脳機能障害はお任せ下さい」と書いてあっても、一件も手がけたことのない専門家がいらっしゃるのが現実です。

 当事務所は、後遺障害等級認定支援NPO法人の先駆けとして著名な「交通事故110番」と連携しており、交通事故に実績のある弁護士の中から、被害者様がお住まいの地域、受傷部位、相手方の保険会社等に合わせて、最適な弁護士をご紹介しております。
 また、当事務所が、症状固定前から被害者様をサポートすることで、スムーズに事務の引継を行うことができ、時間のロスなく損害賠償の請求にかかっていくことが可能です。事案の引継は当事務所が行いますので、被害者様に直接動いて頂くことが少なく済みます。

 このように、当事務所では、被害者の皆様がストレスを感じられることなく後遺障害等級認定から解決まで短期間で決着できるよう配慮しております。

3.豊富な経験と実績に基づくノウハウ

 当事務所では、十数年にわたって被害者請求を支援してきたNPO法人「交通事故110番」と提携し、専門家ネットワークの一員として無料交通事故相談会にボランティア参加しています。
 そして、そのネットワーク内で実績をデータベース化する一方、直近の動向や最新の事例についての勉強会も行っており、その経験と実績は他に類を見ないと自負できます。

 適正な等級認定を受けるために受けておくべき検査、準備すべき医学的証拠類といった独自のノウハウ。
 後遺障害診断書について理解のある病院、医師、特定の傷病に強いとされる医療機関。

 これらの情報は、経験と実績の積み上げで蓄積されていくものであり、当事務所では、事務所独自のノウハウに加え、これら専門家との連携で築きあげた経験と実績を最大限有効活用し、被害者の皆様をしっかりとサポート致します。

類を見ない独自ネットワーク

ドクターも相談会に参加します! 当事務所では、被害者の方々にお役に立てるよう、独自ネットワークの構築に注力しております。
 具体的には、検査画像を精査する専門医である放射線科の医師と協力関係を作り、無料相談会への出席を依頼しています。
 特に交通事故においては、病院や医療機関は、途中からの診療を嫌う傾向にあります。ですので、検査画像についてセカンドオピニオンを得られる機会などは滅多になく、これだけでも相談会にお越し頂く価値はあると言えるでしょう。

 その他、弁護士の法律専門家はもちろんのこと、様々な専門家とネットワークを構築していくことにより、当事務所では、後遺障害、法律相談のみならず、心のケアまでを含めて被害者の皆様をサポートできるサービスをご提供致します。

「無料後遺障害相談会」をご活用ください。

無料相談会をご活用ください。 当事務所では、NPO法人「交通事故110番」と連携し、大阪、京都、神戸他近畿各地で無料の交通事故・後遺障害相談会を開催しております。NPO法人自体は全国的に相談会を開催しておりますが、対応するボランティアスタッフは、各地域の専門資格者が担当しており、当事務所は、大阪と京都、神戸で開催している相談会のスタッフとしてお手伝いしています。
 この相談会は、過失割合、休業損害といった法律問題から、後遺障害に関する相談まで、交通事故に関するあらゆる疑問や不安を一カ所で解決できる貴重、有意義で、かつ気軽に参加できる相談会です。法律事務所が受任目的で行う相談会とは異なり、参加しても弁護士に任せるかどうかは被害者様の自由です。実際、この相談会には、他の専門家に相談中でセカンドオピニオンを聞きに来られる方もいらっしゃいます。

 随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

お問い合せはお気軽に!事務所へのアクセス方法はこちらから!
無料相談会のご案内はこちらから!後遺障害等級認定実績一覧高次脳機能障害のお問い合わせはコチラから!むちうちのお問い合わせはコチラから!当事務所がお手伝いできることについて弁護士の皆様へ